レアルマドリード情報

世界一偉大なクラブ、レアルマドリードについて書いています

アザール移籍について

28歳の選手には高額すぎる移籍金

Eden Hazard / Эден Азар

アザールがまたマドリーへの移籍願望をベルギーメディアに言ったそう。

www.newshub.co.nz

ジダンが監督になる前からマドリーへの愛があったと言っているので、マドリーへ移籍したいと強く思っているのは間違いない。アザールの場合、ドルトムントからバルセロナへ移籍したデンベレと違いクラブへプレッシャーをかけ仲違いして移籍することは望んでいないようなのでマドリーとチェルシーの間で合意するしかないと思われる。

マドリーは今夏市場でもアザール獲得を強く望んだものの、2億£の移籍金を要求されたため頓挫した。ロナウドが去って得点力が低下しているため冬の移籍市場でも獲得のチャンスがあれば狙うことは間違いない。何しろマドリーとアザールは相思相愛だから。

ネックなのは年齢だ。来年28歳になる選手にネイマール級の移籍金を払うのは難しい。おそらくマドリーに移籍したとしても旬の期間は長くて4年だろう。20歳のムバッペとは全然違う。FFPが導入され収支バランスを気をつけているのに28歳の選手に高額の移籍金を支払うのはカタール国家に支援されたクラブ以外ためらうのは当然だ。

また、10代・20代前半の有望株を安い値段で獲得して育てる戦略をとっているので28歳の選手を獲得するのはリスキーな選択となる。

最近の報道ではアザールの契約が2020年と1年しかないため、1億7000万€までチェルシーが求める移籍金は低下している。チェルシーとアザール側へ新契約提示をしているが交渉はストップしているのこと。

talksport.com

ローン中のコバチッチを交渉に含めるとの情報もあるが、1億7000万€もの巨額の移籍金をマドリーが支払うことはないだろう。(一般市民には額がデカすぎて想像できない)19年夏に移籍が合意したとの噂もあるが、交渉は余談を許さない。

ベイルとのトレード

Embed from Getty Images

これは個人的な「希望」だが、ベイルとの移籍金なしでの交換トレードが実現できないのかなと思っている。来年の夏ではなく冬に。

ウエスカ戦で11試合ぶりに得点を決めたものの、今シーズンは低調なプレーが続いている。今シーズンだけじゃない。マドリーに来てからまともに1シーズン戦ったことは一度もない。ペレスの寵愛を受けているのでマドリーに残っているだけだ。

チェルシーはFIFAから若手選手の契約違反があり、来夏の移籍市場から2年間選手の獲得ができなくなる可能性が高いので、冬の移籍市場でドルトムントのプリシッチなど獲得へ動くとの情報がある。

もしアザールが新契約を拒否した場合移籍金ゼロで失うことになる。それなら冬のマーケットで調子が良いときは動けるベイルと交換したほうがいいのではないか。

ペレスから寵愛を受けているので難しいのかもしれないが、ロナウドが抜けて得点力が低下してチーム全体がマンネリ化している印象を受けるので冬に動く必要があると思う。

ベイルとアザールのトレードが成立することを祈っていよう。

 

※ソラーリ、いい仕事しているのでタイトル獲得して続投してほしい!

 

すでに終わった今シーズン

Brave

5敗目

エイバル戦は悲惨の一言だった。勇気も戦う姿勢も最後まで諦めない「ファニートの精神」もなかった。何もなかった。ジダン政権下では勝敗に関係なくワクワクする試合を毎試合堪能できた。ほぼ同じメンバーでありながら半年でここまで落ちるとは…組織を構築するのは簡単ではないが瓦解するのはあっという間だ。

ロペテギが解任されソラリが暫定監督になって5連勝して、改善された思っていたが病巣は根深いようだ。11月ですでに5敗もしているのはここ最近はなかった。幸いなのはバルセロナ、アトレティコとも結果がでていないので、勝ち点が5しか開いていないことだけだ。

エイバル戦は今シーズンが終わったと強く感じた試合だった。クラブワールドカップも優勝できない可能性は高いし、リーガ、CL、コパ・デル・レイも獲得できず無冠で終わることはほぼ確定だろう。それくらい酷い状態だ。

ジダンとロナウドが去りマドリディスタにとって厳しいシーズンになることは予想していたが、11月で今シーズンの終わるを感じるとは予想していなかった。更にチームが落ちればペレスは会長職を追われることになるだろう。ベルナベウでマドリディスタから「Florentino Dimision!」の野次が飛ぶのも時間の問題だ。

冬の移籍

 

Embed from Getty Images

例年冬に移籍市場へ投資することはないが、今シーズンは間違いなく補強&放出が必要だ。

すでにリーベルプレートのパラシオスと合意しているとの報道があり、来夏を待たずにマドリードへやってくる可能性は高い。

www.goal.com

また、サントスのロドリゴも冬にやってくる可能性があるだろう。18歳とはいえビニシウスと同じく将来有望な若手ブラジル人なのでフロントが決断する可能性は否定できない。

ただ、パラシオス、ロドリゴともにまだ20歳以下で若く一度もヨーロッパでプレーしていない。今夏バルセロナに加入したアルトゥールのようにいきなりチームにフィットして大活躍するような期待はしないほうがいいだろう。マルセロのように少しずつチームにフィットとして世界的なスターになるほうが現実的だ。

放出に関しては、マドリーのレベルにない選手たちが去ることになる。GKはルカ・ジダン、DFはヘスス・バジェホ、MFはマルコス・ジョレンテ、彼らはアディオスしてあたらしいクラブで活躍してもらいたい。

あとはベイル。すぐにケガをしてゲーム中も意図不明なプレーを連発して、ロナウドより遥かに劣りながらもロナウドのような待遇を要求するような選手なので母国に帰って欲しい。本来ならチーム一の高給なわけだから牽引して、苦しい時は味方を鼓舞し、毎試合ロナウドのような活躍をすべき選手が何も結果をだしていない。夏を待たず放出すべき。難しいだろうが、チェルシーのアザールを代わりに獲得して起爆剤としてほしい。

戦う姿勢

エイバル戦のような無気力で何も感じることができない試合は一刻もはやくやめてくれ。このまま低調なプレーが続くなら、若い選手とカンテラーノたちを起用してほしい。勝敗よりも「最後まで諦めない」「勇気とプライドがない」ようなことが何よりも最悪だ。

次のCLローマ戦ではまず戦う姿勢をしっかりみせてほしい。

 

ロペテギは解任へ、新監督はコンテ

ロペテギ解任

Barça 111 anys

クラシコは5−1で大敗した。1−4でマドリーが勝利すると予想してたが反対の結果となってしまった…。前半は何もできず何がしたいかもわからず覇気も感じることができなかった。後半は3バックに変更して少しはマシになったが、モドリッチのシュートはバーに嫌われ、ベンゼマは相変わらず決められない…と大不調を象徴するシーンだった。そして、誰しもわかっていたことだがベイルはロナウドにはなれない。個人的に彼は早く母国に戻って欲しい。

バルセロナはメッシ不在だったが、チームのコンセプトが明確だった。特別良いプレーをしていたわけではなく、マドリーが悪すぎたので大勝した印象。注目のアルトゥールの出来はあまり良くなかった。好きな選手には変わりはないがもう少し躍動した彼をみたかった。

5点とられて負けたのはモウリーニョの1年目以来。モウリーニョが大敗したい際も解任論は浮上したが、ペレスからの支持を受けていたために続投することになった。ジェレン・ロペテギはもともと望まれて監督になったわけではなく、クロップ、アレグッリなどが就任を固辞したため、最後の消去法として選ばれたに過ぎなかった。マドリーではペレスから支持されるかどうかで決まる。ロペテギは最初から支持されていたわけではないので、チームが不調になると一気に責を負わされる。

今回のクラシコでの大敗で続投はあり得ない。正式な発表はまだだが解任することは事実上決定している。スペイン各紙も一斉にロペテギが解任されることを報じている。

as.com

新監督はコンテになりそうだ。火曜日にコパ・デル・レイの試合に間に合わない場合は暫定的にカスティージャの監督ソラリが率いることになるとのこと。正式な発表は明日にでも行われるだろう。

ロペテギの今後とペレス体制の終焉

スペイン代表で順風満帆な仕事をしていたのに、ワールドカップ前日に代表監督を解任されてもマドリーの監督を選んだロペテギ。半年も経たず解任されることになり、不運としかいいようがない。ロナウドが去ったが補強はされず現有戦力のまま戦うことになり、選手たちはワールドカップ後のコンディションの悪さを引きずるという最悪な状況で戦わないといけなかったのは彼の責ではない。開幕当初はポゼッションスタイルで魅力的なサッカーを披露していたので残念でしかたない。

しかし、ロペテギのキャリアは前途多難だろう。火中の栗を拾った勇気は素晴らしいが、代表、マドリーともに中途半端な状況で終わるとなると印象が非常に悪い。トップレベルでのオファーはないだろうし、スペイン国内からのオファーも難しい。あるとすれば国外のレベルが劣る国やチームからとなりそう。カルロス・ケイロス、ロペス・カロ、ガルシア・レモン、ベニテスといったペレス体制で失敗した監督リストに入ってしまった。コンテが就任してチームを立て直しタイトルを獲得したらベニテスと同じく「噛ませ犬」的な歴史として記憶される。期待していただけに残念だ。

Embed from Getty Images

ペレスが、ジダンとロナウドを失い、補強もせず代表の座を捨ててまで監督になったロペテギをクビにしてチームを危機に追いやった責任は重い。スペインではペレスへの批判はエル・パイスなど高級紙以外ではないが、コンテが就任してチームを更に泥沼へ落とした場合一斉にメディアから叩かれるだろう。マドリディスタからも容赦ない「フロレンティーノ、ディミシオン!」の野次が飛ばされる。

Embed from Getty Images

ロペテギが就任したときに、ロペテギが失敗すればペレス体制が崩壊する序曲になるとブログに書いた。第一次ペレス政権のときは危機から2年後に自ら辞任した。今回はシーズンが終わるときに去っている可能性も否定できない。本人も辞めたら次はないとわかっているので会長職にしがみつくだろうが、世の中のスピードが早くなっているので早期退陣は十分にある。

コンテが失敗すれば後はない。12月のクラブワールドカップでタイトルを獲得できないようであれば、おそらくコンテですら解任される。まさに危機だ。

10月で解任とベニテスより早い幕引きとなったロペテギ。クラシコでの大敗とロペテギ解任はペレス体制終焉の第一歩となるかもしれない。

コンテは立て直せるか

Embed from Getty Images

コンテのユベントス、チェルシーでの内容を見る限り楽しいサッカーは期待できない。選手に合わせた戦術ではなく自らのビジョンに選手をはめるタイプ。カペッロと同じタイプだろうか。危機的な状況を立て直す力はありそう。

アンチェロッティやジダンとは違い個性を全面に出すキャラクターなので、選手との衝突は避けられない。マドリーはチェルシーと違い政治的なクラブなので1年か長くても2年にしか保たないと予想している。

パリのトゥヘルのように豹変する可能性は低そう。正直シーズンが終わると同時に去って、ポチェッティーノ、アレグッリ、もしくはグティを招聘してほしい。モウリーニョタイプは好みではないので。

いずれにせよまだ10月。コンテが新監督になって立て直すことを期待したい。(良い内容でね…)不撓不屈、マドリディスモの精神はここからだ。

クラシコ予想スタメン

今週の日曜日いよいよ全世界のサッカーファンが待ちわびたクラシコがやってくる。日本時間では深夜0時からなのでそこまで悪い時間ではない。

今回のクラシコはロナウドとメッシ不在となる。2人の巨頭がいないのは11年ぶりとのこと。寂しい気持ちもあるが、新たな歴史が刻まれると思うとワクワクする。また、マドリー、バルサともチーム状態が不安定のため結果は予測不可能。マドリーはCLで5試合ぶりに勝利をしたものの格下相手になんとか勝てた。バルサもCLでは順調な滑り出しだがリーガでは引き分けと負けが続いている。

敢えて予想すると僅差ではなく意外と差が開いた点差になりそう。前半はロースコアで後半は一気に差が開くような展開かなと。マドリディスタなのでもちろん勝者予想はレアルマドリードです。

この試合のポイントは監督だろう。マドリーは負ければ100%ロペテギは解任される。引き分けなら内容次第となる。勝てばロペテギへの評価は180度変わり、チームも再び常勝街道に戻る。バルサは勝てばメッシ不在をコントロールできたバルベルデは賞賛されチーム状態も一気に上向くだろう。負ければバルベルデのシーズン途中の解任も考えれられる状況となる。

◯マドリー・バルサ予想スタメン

マドリー

GK クルトア

DF ナチョ ラモス バラン マルセロ

MF カセミロ クロース モドリッチ

FW ベイル イスコ ベンゼマ

バルセロナ

GK テアシュテーゲン

DF ロベルト ラングレー ピケ アルバ

MF ブスケッツ ラキティッチ アルトゥール

FW コウチーニョ デンベレ スアレス

 

マドリーはマルセロの欠場が不安視されたがすでに全体でトレーニングを開始しているので問題ない。カルバハルは個人トレーニングが続いているのでクラシコには間に合わないだろう。カルバハルのポジションはナチョ。オドリオソラはロペテギに信用されていないためベンチに座るだろう。アセンシオも途中からになりそうだ。

バルサは、メッシ、ウンティティ、フェルメーレンがケガにより欠場が確定。デンベレのところにCLで好パフォーマンスを披露したラフィーニャが入る可能性も。

◯注目選手

マドリー〜イスコ

バルサ〜アルトゥール

イスコは復帰後の2試合は低調なパフォーマンスに終始している。もしクラシコで100%のイスコに戻ればチームに足りない創造性とプレーリズムの変化をもたらしてくれる。彼の出来は鍵になりそう。

アルトゥールのプレーはシャビにそっくり。2人に寄せられても体の動きと技術で簡単にいなす。テンポをつくるのもうまい。近年のバルサの補強はハズレばかりだったが、久しぶりに的確な補強をした。個人的にすごく好きな選手だ。クラシコでどこまでやれるか是非みたい。

◯予想スコア

1−4 マドリーの勝利

前半は1−1か1−2で終わって後半の終わりにスコアが動くかな。ただ近年のクラシコと違いどういう展開になるかスコアになるか不確定要素が多いため予想するのは難しい。マドリディスタとしてのスコア予想ということでお願いします。

今から楽しみでしかたがない。HALA MADRID!!! VAMOS!!!

Isco

 

 

 

2000-01シーズンと似ている

クライシスにいるマドリー。マドリディスタとしてもガッカリする試合が続き状況の好転を望んでいる。ネガティブなニュースばかりが続くのでポジティブな情報はないかと探してみたらあった!同じような苦境にありながらも好転したシーズンが。

2000−01シーズン。

フィーゴがバルセロナから移籍してきた年、ガラクティコス最初のシーズンです。このシーズンはリーガで優勝しているわけだが、序盤は勝てずに苦労している。

f:id:guvivva:20181022131334p:plain

※参照wikipedia 

Primera División de España 2000-01 - Wikipedia, la enciclopedia libre

ご覧の通り、序盤は結果が出ずに9節時点で7位にまで転落している。10節からは盛り返し、14節で初の首位。その後は首位をキープしたまま優勝している。

今はどうでしょう。9節を終えた時点で7位。まったく同じ順位。しかも当時の監督はスペイン人デルボスケ!デルボスケは人心掌握に長けていた。フィーゴが移籍して新しいバランスを求められたから序盤は躓いた。ロペテギもチームをまとめていながらも結果が出ず、ロナウドが去って新しいスタイルに挑戦していることも同じ。

調べてデルボスケのときとまったく同じ状況なのに驚いたのと同時に、ワクワクしてきた。歴史は繰り返すという格言通りになるかも・・・という期待だ。

CLを挟んで10節はクラシコ。最高のシチュエーションじゃないですか。

CLでいい試合をしてクラシコで復活する。地獄から天国へ。楽しみがでてきた。

 

Embed from Getty Images

ロペテギの幸運

Florentino Perez

危機の理由

セビージャにアウェイで0ー3で完敗、次の試合アトレティコには引き分けたものの、CLではCSKAに敗れ、アラベス、今日のベルナベウでのレバンテに敗れ3連敗と歯車は完全に狂っている。原因は複合的だろう。

1.主力に負傷者が続出

イスコが虫垂炎で離脱して以降、マルセロ、ベイル、カルバハル、ベンゼマと立て続けに怪我で離脱した。これだけ主力がいないと安定したパフォーマンスを披露するのは難しい

 2. コンディションが整っていない

ワールドカップで120%の戦いを繰り広げ激しい消耗をした。特にモドリッチ、バランは決勝まで戦いバカンスが短く、プレシーズン抜きなのでコンディションが良くない。心配なのはモドリッチ。昨年までのプレーレベルとは程遠い低調なパフォーマンスであり、モチベーションも低下しているように見受けられる。

3.ロナウドの離脱

1試合に1得点以上を決めてくれた選手がいない影響を痛感する。得点だけでなくメンタル面でもチームを鼓舞してきた中心選手だった。

4.フロントの無策

フロレンティーノペレス会長は絶大な権力を有しており、彼の一言で組織運営が決まっている。監督はペレスからの支持がなければ円滑なチーム運営ができず結果の有無に関係なく追い出される。選手も同様だ。ロナウドがユベントスに移籍したのもペレスとの関係が破綻しただめたと言われている。ビジネスマンとしては優秀だがサッカーは素人。そのような人物が誰を獲得するか決定するのはリスク。ロナウドの後釜を獲得せず18歳のビニシウスで失策を覆い隠そうとした「政治的判断」のツケがロペテギと選手たちにのしかかっている。

5.マンネリ化

アンチェロッティ時代から主力はほぼ同じメンツである。ジダンは何とかマネジメントして乗り越えたが、モチベーションの低下は否めない。競争を促せてない。

ロペテギは危機だが…

ロペテギは選手たちをコントロールできている。外に不満は漏れておらず、レバンテ戦後のインタビューでもマルセロは「彼と一蓮托生。ベニテスとは違う」と支持する発言をしている。

マドリーの監督に求められる最も重要な能力は、選手をまとめ気持ちよくプレーさせることだ。ロペテギはその能力を有している。ロナウドが離脱してからポゼッションを重視し、チーム全体でゴールを狙う戦略も的確な判断だ。

ジダンのときも悪い時期はあったが騙し騙し結果を出せてきた。ロペテギは不運としかいいようがない。「不運の監督」と言われるのも合点がいく。

解任されてもおかしくない状況だが幸運もある。

バルセロナ、アトレティコもパフォーマンスが安定していない。これだけ負けていながらも首位のバルセロナと4Pとしか離されていない。ワールドカップ後のシーズンなのが影響しているのだろう。とにかく運がいい。

スペイン国外を見渡しても、バイエルン、ユナイテッド、トッテナム、シティとビッククラブは軒並みパフォーマンスが安定していない。安定しているのはリバプールとユベントスくらいだろう。

また、危機がシーズン終盤ではなく10月なのも運がいい。序盤でこれだけ躓けば後は上がっていくだけだ。

そして1週間後のクラシコもメッシが出場できないことが確定した。ファンにとっては楽しみは減ってしまうがロペテギにとっては幸運としかいいようがない。

火曜日のCLも苦戦するだろう。クラシコまで監督でいられる保証はない。CLは何でもいいから勝って、クラシコで危機を脱出してもらいたい。クラシコは絶好のチャンスだ。

ワールドカップ直前にスペイン代表監督の椅子を捨ててマドリーの監督になったわけだから、何としてでも生き残ってくれ。

ロペテギに勝利の女神を。

bad fortunes

 

補強に関する訂正

爆弾が投下される

 

Embed from Getty Images

今季は「ガラクティコスからチームワークへと」新たなスターの補強はないだろうと推察していた。過去数年の成功を踏襲するとペレスが明言したうえに、市場にロナウドと同じような力を持つ選手がいないためだ。また、各種移籍の噂をチェックするとゴシップの域をでない情報ばかりだったのも理由の一つだ。

しかし、31日の市場が閉まるまでに爆弾が投下される可能性が高くなってきた。昨今の表に出てくる情報がマドリー内部からのリークである疑いが強いためだ。

獲得するのは、パリの2人。ムバッペかネイマール

UEFAのパリのFFP再調査はマドリーを含むビッククラブのエスタブリッシュメントがプレッシャーをかけたためだろう。パリがビッククラブたちが築いてきた伝統と規範を逸脱し、天文学的な金を市場に投下していることに強い危機感を抱いている。

ネイマール移籍はポール・ポグバの移籍金を一気1億ユーロも越えてしまい、移籍金の高騰を招いた。

政治的駆け引きとなるので50%50%だが、パリがFFP違反となればヨーロッパのエスタブリッシュメントの強さが証明され、お咎めなければ、カタール王族のプレゼンスはさらに高まることになる。

ペレスの希望通りUEFAが決断すれば、パリはムバッペからネイマールのどちらかを手放すことになるのは間違いない。

ひょっとしたら2人とも来るという超弩級の爆弾が投下されることも否定できない。

31日まで目が離せない。

bomb